福祉用具、副作用、福祉用具貸与、福祉六法...

福祉用具とはどのようなものですか?@

福祉用具というのは、
車いす、介護用ベッドなど、

 

心身の機能が低下し、
日常生活を営むのに支障のある高齢者などの
日常生活上の自立を図るための用具のことをいいます。

福祉用具とはどのようなものですか?A

具体的には、次のようなものが含まれます。

 

■福祉機器 
■日常生活用具 
■自助具
■補装具 
■医療機器...など

福祉用具購入費とはどのようなものですか?

福祉用具購入費というのは、
介護保険における居宅サービスの1つです。

 

具体的には、厚生労働大臣が定める
ポータブルトイレ、入浴用いすなどの排泄や
入浴に用いる福祉用具を購入したときに支給されます。

 

なお、支給限度基準額(年10万円)
の9割に相当する金額の範囲内で行われます。

 

スポンサーリンク

副作用とはどのようなものですか?

副作用というのは、
薬物が生体に発揮する作用のうち、
治療上不必要な作用のことをいいます。

 

そして、このうち特に有害なものを
「有害反応」といいます。

 

なお、狭義に有害反応のことを
「副作用」と呼ぶケースもあります。

福祉用具貸与とはどのようなものですか?

福祉用具貸与というのは、
介護保険における居宅サービスの1つです。

 

具体的には、要介護者等で
居宅において介護を受ける者に、

 

日常生活の自立を助けるため、
厚生労働大臣が定める福祉用具の貸与を行います。

福祉用具貸与の対象になるものは?

対象となる福祉用具は、次のようなものです。

 

車いす(付属品を含む) 
■特殊寝台(付属品を含む) 
■じょく瘡予防用具
■体位変換器 
■手すり 
■スロープ 
■歩行器

福祉六法とはどのようなものですか?

福祉六法というのは、
昭和30年代までに成立した、次の六法をあらわします。

 

■生活保護法 
■児童福祉法 
■身体障害者福祉法
■知的障害者福祉法 
■老人福祉法 
■母子及び寡婦福祉法

 

スポンサーリンク