青年海外協力隊、心不全、認知症、椎間板ヘルニア

青年海外協力隊とはどのようなものですか?@

青年海外協力隊というのは、
アジア・アフリカ・中南米などの発展途上国を中心に、

 

専門的な知識・技術をもった青年が派遣され、
経済建設や社会事業の推進を援助する制度のことをいいます。

青年海外協力隊とはどのようなものですか?A

この青年海外協力隊は、
国により作られた国際協力事業団が実施します。

 

なお、20歳から39歳までの日本人が要件となっています。

心不全とはどのようなものですか?

心不全というのは、
心臓の機能低下により
生体に必要な血液を供給しえなくなった状態のことをいいます。

 

通常は、種々の疾病による
心筋機能不全により引き起こされます。

 

スポンサーリンク

認知症とはどのようなものですか?

認知症というのは、
一旦発達した知能が、
脳の何らかの器質的障害により
低下ないし喪失した状態のことをいいます。

 

一般的には、記憶力・判断力・見当識が障害され、
感情や行動に異常がみられることも多いです。

認知症の種類は?

認知症には、次のようなものがあります。

 

■アルツハイマー型認知症
■脳血管性認知症
■アルコール中毒性認知症...など

椎間板ヘルニアとはどのようなものですか?

椎間板ヘルニアというのは、
脊椎骨の間にある椎間板の髄核が

 

何らかの原因で椎管内に押し出され、
脊髄や神経根を圧迫して
次のような神経症状を引き起こしたものです。

 

■痛み 
■しびれ 
■麻痺...など

 

ちなみに、椎間板ヘルニアは、
ほとんどの場合、下位腰椎に発生します。

 

なお、軽症の場合は
安静・牽引などが行われますが、

 

症状が持続し重度化すると
手術療法が必要となります。

 

スポンサーリンク