ハートビル法、高齢者住宅整備資金貸付制度、高齢者総合相談センター...

ハートビル法とはどのようなものですか?

ハートビル法
(高齢者、身体障害者等が円滑に利用できる
特定建築物の建築の促進に関する法律)というのは、
1994年に施行された法律です。

 

この法律では、
高齢者や身体障害者などが気軽に利用することができるように、

 

病院・ホテル・劇場・百貨店など
不特定多数の人が利用する建築物の
バリアフリー化を促進することを目的としています。

高齢者住宅整備資金貸付制度とはどのようなものですか?

高齢者住宅整備資金貸付制度というのは、
都道府県と市町村などが、

 

60歳以上の高齢者のいる世帯に対して、
高齢者の住みよい住環境を作るために資金を貸し付ける制度です。

高齢者総合相談センターとはどのようなものですか?

高齢者総合相談センター(シルバー110番)というのは、
相談員などが、

 

高齢者やその家族が抱えている心配事や悩みごとを、
電話や面接形式での相談に応じることや、
福祉機器や介護用品の展示などを行う機関です。

 

ちなみに、プッシュホンで「#8080(ハレバレ)」を押すと、
各都道府県に1か所あるセンターにつながるようになっています。

 

スポンサーリンク

コーディネーターとはどのようなものですか?

コーディネーターというのは、
複数の関係者や組織の間に立って、

 

目的を遂行する協力体制を作り、
それを円滑に進めるために調整する人のことをいいます。

誤嚥とはどのようなものですか?

誤嚥というのは、
飲食物を誤って気管に吸引してしまうことをいい、

 

これは、意識レベル低下時や
嚥下にかかわる神経や筋の障害が存在するときに
起こりやすいとされています。

 

誤飲物が気管に詰まってしまった場合には、
窒息の危険がありますので、
速やかに取り除く必要があります。

 

また、特に高齢者の場合は、
誤嚥性肺炎の原因ともなりますので注意が必要です。

ゴールドプランとはどのようなものですか?

ゴールドプランというのは、
高齢者の保健福祉サービス整備に関する
10ヵ年の目標計画のことをいいます。

 

具体的には、1989年に策定された
「高齢者保健福祉推進十か年戦略」のことで、

 

これには、ホームヘルパー10万人、
ショートステイ5万床、デイサービスセンター1万ヵ所などの
具体的な数値が示されています。

ゴールドプラン21とはどのようなものですか?

ゴールドプラン21というのは、
新ゴールドプランの終了とともに、

 

介護保険の導入という新たな状況を踏まえて策定された、
2000年度から2004年度の5ヵ年計画のことをいいます。

 

このゴールドプラン21では、
ホームヘルプサービス35万人
(新ゴールドプラン17万人)などの
整備目標を掲げました。

 

スポンサーリンク