環境要因、観察、感情障害、躁状態、間接援助技術...

環境要因とは?

環境要因というのは、
リハビリテーション学における能力障害の構成要素の1つのことです。

 

ちなみに、環境要因は次の2つの要素からなり、
これをクリアすることで心身の行動意欲が高められます。

 

■物理的環境 ⇒ 家屋構造、設置
■人的環境 ⇒ 人との接し方

観察とは?

観察というのは、
物事の実態を理解するために、

 

五感を働かせて注意して見て、
利用者の状態を的確に把握することをいいます。

感情障害とは?

感情障害というのは、
躁状態、うつ状態、またはその混合状態など、

 

気分や感情の障害を基礎とする状態が、
通常は周期的に生ずる精神障害の1つのことです。

躁状態とは?

躁状態では、次のような感情が横溢します。

 

■爽快 
■機嫌がよい 
■自信に満ちている...など

 

スポンサーリンク

うつ状態とは?

うつ状態では、次のような感情にさいなまれます。

 

■憂うつ 
■悲しい 
■寂しい 
■不安...など

間接援助技術とは?

間接援助技術というのは、
直接援助技術に対して呼ばれているものです。

 

間接援助技術は、
利用者に対して直接働きかけるのではなく、

 

生活環境の整備や福祉施設の運営改善など、
利用者に間接的に援助する技術の総称です。

間接援助技術にはどのようなものがあるのですか?

間接援助技術には、次のようなものがあります。

 

■地域援助技術(コミュニティワーク)
■社会福祉調査法(ソーシャルワーク・リサーチ)
■社会福祉運営管理(ソーシャル・アドミニストレーション)
■社会活動法(ソーシャル・アクション)
■社会福祉計画法(ソーシャル・プランニング)...など

 

スポンサーリンク