先天性障害、胆道感染症、ソーシャルワーカー、地域福祉権利擁護事業...

男女雇用機会均等法とはどのようなものですか?

男女雇用機会均等法というのは、
雇用において男女間の差別をなくし、
均等な機会、待遇の平等化を図ることを目的とする法律です。

 

ちなみに、この法律は、1997年に
「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」
が改正されたものです。

先天性障害とはどのようなものですか?

先天性障害というのは、
生まれつきの障害のことをいいます。

 

この先天性障害は、遺伝のほか、
胎生期に薬物や細菌感染等の影響を受けることにより、
あるいは、出産時に何らかの外的要因が作用することによっても生じます。

胆道感染症とはどのようなものですか?

胆道感染症というのは、
細菌感染により胆道の胆嚢炎と胆管炎を併発することをいいます。

 

胆道内の胆汁は、
細菌の繁殖にとって好条件をなしているので、

 

何らかの原因で胆汁のうっ滞が起こると、
細菌繁殖が加速し炎症を起こします。

 

なお、胆道感染症の原因菌としては、
大腸菌が最も多いです。

 

スポンサーリンク

ソーシャルワーカーとはどのようなものですか?

ソーシャルワーカーというのは、
社会福祉援助の実践者である社会福祉専門職の総称です。

 

なお、狭義のソーシャルワーカーは、
社会福祉士がその専門性に基づいて実践する
MSW、相談員、指導等の職種になります。

地域福祉権利擁護事業とはどのようなものですか?

地域福祉権利擁護事業というのは、
認知症高齢者や知的障害者などが、

 

自己の能力に応じて、
できる限り地域で自立した生活を送れるよう、

 

福祉分野の権利擁護のための日常生活支援として、
1999年に創設されたものです。

 

具体的には、都道府県社会福祉協議会が実施主体で
利用者と利用契約を結び、
個々の契約内容に応じた援助を生活支援員が行います。

地域社会開発とはどのようなものですか?

地域社会開発(コミュニティ・ディベロップメント)というのは、
地域社会の現在の文化的、社会的、経済的な状態をよりよいものにするために、

 

住民の取り組みにより、
地域社会を発展させていこうとするものをいいます。

 

スポンサーリンク